Home /  物件選びのアドバイス


ダイケンホーム:お部屋探しのアドバイス

良い部屋探しのチェックポイントはここ!
新年度から1人暮しをはじめる方や単身赴任などでお部屋を探しているみなさん。快適な生活を送るために、部屋選びは大切ですね。良い物件に出会うためには何をどう決めれば良いのでしょうか。
経験者からのヒントをご紹介します。参考にしてください!

探しはじめる前に決めておかなくてはいけないことや物件選びのチェックポイント!
ダイケンホームからのアドバイス ダイケンホームからのアドバイス ダイケンホームからのアドバイス
ダイケンホームからのアドバイス ダイケンホームからのアドバイス ダイケンホームからのアドバイス
ダイケンホームからのアドバイス ダイケンホームからのアドバイス ダイケンホームからのアドバイス
ダイケンホームからのアドバイス

 
 

1|希望の条件をはっきりさせましょう!

[建物の種類]

★女性ならマンションをおすすめします。 アパート等は、防犯上どうしても気になることが多くて・・・。

[部屋の大きさや部屋数は?]

1人暮しなら20~30m2 が多いでしょう。部屋の作り方は「間取り」といって、1LDKや2DKという表示がしてあります。

Lはリビング・Dはダイニング・Kはキッチンの略です。頭についている1とか2は、LDKの他に1なら一部屋、2なら2部屋あるという意味です。一人暮しで男性なら1DKでも良いでしょう。ワンルームタイプなら6畳~8畳が多いでしょう。
6畳でも収納が多い物件なら、気持ちよく生活できるでしょう。洋服や本など、持ち物は日毎に増えていきます。収納部分は多ければ多い方が、いいです!

[水まわり]

これはトイレ、洗面、浴室のことです。ワンルームタイプだとこの3つが1つの部屋のようにつくられているスリー・イン・ワンというタイプが多いです。これはたいていユニットになっているので、掃除も楽です。でも、ゆったりリラックスしたいなら、このタイプは向きません。浴室とトイレは別
になっているタイプを探してください。

[洗  濯]

洗濯機を置く場所を確認しましょう。男性はあまり気にならないかな。

★女性はやはり気になるところです。できれば室内に設置できるのが一番。でなければバルコニーに洗濯用の水がとれるかどうかですが、冬バルコニーで洗濯するのは辛いです。洗濯ものが干せるかどうかも確認を・・・。

[キッチン]

ワンルームタイプのキッチンはミニキッチンが主流です。コンロとシンクと冷蔵庫がパックになったタイプです。1人暮らしならこれで充分。但し、換気だけはチェックしましょう。

★ 女性の場合間取りでもう一つ気にして欲しいのは、玄関から中が丸見えになること。これはできるだけ避けた方がいいです。宅配便を受け取るにも気を使います。部屋に入るまでに、ドアがついていれば大丈夫です。

[階  数]

★女性なら1階、2階はおすすめしません。どうしても防犯上気になります。またそれ以外で、角部屋でも隣のビルの非常階段がすぐ横にあるなど、侵入経路になりやすいものがないか要注意です。最上階は上階の音が気になることもなく、快適ですが夏などはとても暑くなります。冷暖房費等の経済性を考えるなら、中階の左右に隣戸のある部屋がいいです。角部屋は風通 しや採光では有利ですね。


[部屋の向き]

人気のあるのは南向きですが、夜遅く寝るだけに帰ってくるような人なら向きは気にしなくてもいいかも。ただし北の部屋は、暗いですし湿気が溜まりやすいのでそれなりの対処をしなくてはいけない場合もあります。


[築年数]

購入するのではないので新築にこだわる必要はないでしょう。ただし、きれいにリフォームされている物件を探しましょう。特に注意するところは、水・電気・ガスなどのライフラインがきちんとメンテナンスされているか。当たり前のことですが、よくチェックしてください。排水部分や換気扇の中等、一見きれいでも動かなかったりすることよくあるんです。また、壁の厚さによって隣の音が気になったり、夜遅く帰ることの多い人などは特に、注意しましょう。古いマンションは壁厚の薄い場合があって・・・。他に駐車場はいるのか衛星放送が見れるのか等、賃貸物件に対しての条件を整理しておきましょう。結構あったらいいなって思う条件も考えておくとあとでしまったと思わないですみます。但し100%条件通 りの物件はありません。優先順位は必ずつけておきましょう。

 
 

2|予算はいくら?

家賃は月収の30%が目安です。家賃は情報誌等を読んで参考にして決ておきましょう。管理費・共益費や駐車場代等を合計して、無理のないように予算を決めます。毎月払うものですから、どんぶり勘定を絶対しないこと。なんだかんだと、1人暮しって結構お金かかるんです。また、最初に仲介手数料や保証金・礼金・引越し費用等がいくら必要なのかも確かめておきましょう。引越し費用はバカになりません。引越し貧乏という言葉もあるくらいですから・・・。

 
 

3|沿線?

通勤、通学に勿論便利なところ。乗り換えなしで行けるとか、アクセスの利便性。また、街の雰囲気なども要チェックです。少し遠くても、始発駅ならゆっくり座って行けますから、そのほうが楽だってこともあるんです。
 

★女性の場合[下町の方がいいかも]

 
大都会の中心は便利だけど夜になると人がいなくなります。できれば商店街なんかのあるところの方が、いいみたいです。新興住宅地も静かすぎて夜中は怖いです。

 
 

4|電車やバスの最終時間などを確認

昼は便利だが、夜遅くなると急行電車が止まらなかったり、バスが早い時間で最終が出てしまって帰れないなど。タクシーを使って思わぬ 出費を強いられるときがあります。また、タクシー乗り場が無い駅もあるのでチェックしておきましょう。
 

【夜道は安全ですか?】

駅やバス停からの距離が気になります。通常徒歩圏内なら10分を目安にしています。
★特に女性の場合は要チェック。でも、最近は親父狩りもあるから男も注意! 夜道の明るいルートのある所 明るいうちに帰れるならいいけど、暗くなってから薄暗い道を歩いて帰るのは、とても危険です。夜の道は絶対チェックしてください。

 
 

5|近所にレンタルショップがない?

深夜まで営業している店が同じビルに入ってたり、隣にあると便利だが窓の向きや、遮音を考えないと夜寝ようと思ったり勉強をする時に結構気になります。物件を見に行った時にチェックしておきましょう。少し離れていたり、道路1本隔てているくらいがちょうどいいんですが、幹線道路に面 している等交通量の多い道路に面している部屋は、昼間気にならない音が気になります。神経質な方は要チェック。

 
 

6|駐車場は近くにある?

マンションに駐車場がついてても空きがないのが現状。近くにあるか、月いくらか、先に調べて置いた方がいいよ。そして、必ず車は駐車して確認すること、場所によっては狭い所もあります。マンションを借りるより、駐車場の方が高かったなんて無いように。

 
 

7|自転車・バイクの置き場は?

自転車やオートバイ置き場があるのか、屋根はついてるのか?どこにあるのか?あまり人の通 らない裏や目立たないにあると、盗難のおそれがあります。マンションからの自転車やオートバイの盗難って結構あるんですよ。

 
 

8|近くにコンビニやスーパーがある?

深夜営業をしている店が近くにあると便利ですが、ない場合は会社帰りにスーパーの袋を下げて電車に乗らなければならない状態に!
休日に買物をしたい時も雨が降っていたら邪魔くさいもの。近くにちょっとしたスーパーマーケットがあればすごく助かります。
★女性の場合は特に薬局が近くにあるかどうかチェックしてください。
 

【生活関連施設のチェック】

警察、銀行、郵便局、病院など近い方がいいに決まってるよね。

 
 

9|管理人やオーナーは近くに住んでる?

何かトラブルがあった場合、管理人がいない場合オーナーか、管理会社がすぐに対応してくれるか、深夜でも対応してもらえるか、駆けつけてもらえるか?一人暮らしは心細いものです。エレベーターがある場合には、トラブルの時に、非常電話がどこにつながるのかくらいは聞いておいたほうがいいでしょう。

★とにかく女性の場合は管理のしっかりしている物件を!

一見してゴミ置き場や駐輪場、ポスト、エレベーターの中等を見ればわかります。

 
 

10|オートロックって安全?

ないよりかあった方がいいに決まってますが、暗証番号方式だと、出ていった人がしっていたり、入る人の後ろから閉まる前に入ることもできるので、万能ではありません。ドアのロックとチェーンはかけておかないと、泥棒に入られますよ。

【ポストにカギを】

配達される郵便物から電話番号や名前など調べる奴がいるらしい・・・。

 
 

11|最後に・・・

信頼できる不動産会社かどうか、信用できる営業マンかどうか。これが一番重要だったりします。あなたを信用してもらう為にも、素直に要求を伝えましょう。またきちんとした態度で、物件探しをしましょう。営業マンも人間です。きちんとしたお客様にはきちんとした態度で接してくれます。何件か不動産会社を訪ねて、同じ質問をしてみましょう。答え方によって判断できますし、こちらの要求をメモしなかったり、頭から反論したりするところはさっさと、出てきた方が良いようです。女性の場合、誰かと一緒に出かけるほうが良いかもしれません。即決を求められた時の判断や、強引な営業を断るにも誰かいてくれた方が、安心です。できれば、信頼できる男性がいいんですが。遮音を考えないと夜寝ようと思ったり勉強をする時に結構気になります。物件を見に行った時にチェックしておきましょう。少し離れていたり、道路1本隔てているくらいがちょうどいいんですが。幹線道路に面 している等交通量の多い道路に面している部屋は、昼間気にならない音が、気になります。神経質な方は要チェック。

Top